鮭の皮をカリカリに焼いたんに五色ぶぶあられ

ぶぶあられは何にかけてもよし
ぶぶあられ

ノルウェー産サーモンをお造り用に柵取りした際に剥いた鮭の皮に塩を振り、カリカリに焼いて刻んで五色ぶぶあられと共にお茶漬にしました

大学生の時、当時藤村屋の隣にあった長崎ちゃんぽんの店でアルバイトしてたんですが、まかない飯のおかずに藤村屋の塩鮭を買うてくれはりまして、焼いて食べさせてくれはりました。

その時に鮭の皮を残したら、
「祇園の子は魚の皮を食べへんのかい!」
とずいぶん驚かれました。

いや食べますけど、他所で食べる時はマナーとして皮残した方がええのかと、なんとなく思ってました。

そんなどうでもええ事を思い出しながら、カリカリの皮とサクサクのぶぶあられを美味しくお茶漬けで頂いたのでした

三角鳴海屋 ぶぶあられ(五色ぶぶ) ご注文はこちら

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ぶぶあられは何にかけてもよし
ぶぶあられ
小アジの南蛮漬にぶぶあられ

愛知県産の小アジが入ったので南蛮漬にしましたこのサイズなら、、と思いましたが念のため二度揚げゼイゴも …

ぶぶあられは何にかけてもよし
ぶぶあられ
滋賀県産えび豆にぶぶあられ(かつお節)

春になると琵琶湖のスジエビが出てきて、えび豆の炊いたんが京都の中央市場に出回りますえびの香ばしさと風 …

ぶぶあられは何にかけてもよし
ぶぶあられ
サクラマスのアラで鱒茶漬けな舟場飯に五色ぶぶあられ

桜の咲くこの時期に入荷してくるサクラマス、今日は青森産が安く仕入れられました ウロコをかく(取る事) …