ぶぶあられは何にかけてもよし
ぶぶあられ

新鮮な魚介類の入手が困難な京都盆地
江戸時代に北前船で運ばれてきた身欠きニシン(ニシンの干物)を美味しく頂く京都人の知恵でした

現在は鮮度管理をしたまま流通が容易になったので、カチカチの身欠きニシンでは無くてあまり干してないソフトにしんを使った「にしんの甘煮」が商品化されてますが、やはり本物の身欠きニシンを使った「にしんの甘煮」は独特の風味があります

本物の「にしん甘煮」は少し固めなので、私はうどんだしでしばらく炊いて柔らかくして頂くのが好きです

三角やぐ羅 にしん甘煮 姿三本入りご注文はこちら

三角にしんそば、ご注文はこちら

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ちらし寿司の素
商品のご案内
カンタンお手軽混ぜご飯の素4種販売開始しました

美味しい商品をいろいろ作ってくれてはる京都の老舗食品会社 木村久 さんから、簡単手軽にご飯が美味しく …

京のしょっぱい梅
商品のご案内
すっぱい梅干し「京のしょっぱい梅」販売開始しました

40年ほど前の人気漫画に「うめぼし食べてス○パマン」というパロディキャラクターがいました。あの時代の …

玉乃光の酒粕(純米吟醸-板粕)
商品のご案内
令和3年度産 玉乃光の酒粕(純米吟醸-板粕)

うちの家族は粕汁好きで、大鍋いっぱい炊いて3、4日は楽しむ事が多いんです。 店頭で仕事してると冷えま …