ぶぶあられは何にかけてもよし
ぶぶあられ

新鮮な魚介類の入手が困難な京都盆地
江戸時代に北前船で運ばれてきた身欠きニシン(ニシンの干物)を美味しく頂く京都人の知恵でした

現在は鮮度管理をしたまま流通が容易になったので、カチカチの身欠きニシンでは無くてあまり干してないソフトにしんを使った「にしんの甘煮」が商品化されてますが、やはり本物の身欠きニシンを使った「にしんの甘煮」は独特の風味があります

本物の「にしん甘煮」は少し固めなので、私はうどんだしでしばらく炊いて柔らかくして頂くのが好きです

三角やぐ羅 にしん甘煮 姿三本入りご注文はこちら

三角にしんそば、ご注文はこちら

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

祇園饅頭
商品のご案内
祇園饅頭さんの栗蒸し羊羹を販売開始しました

先行して販売していた祇園饅頭さんの六方焼(2個入)をご購入頂いたお客様とのメールのやり取りで お客様 …

ロシア料理キエフのビーフストロガノフのパッケージ
商品のご案内
ロシア料理キエフさんのビーフストロガノフを取り扱い開始しました

実は私、大学生時代にキエフさんでバイトしてたんですよ。ウェイターとか晴れがましくて嫌やし、大学生の頃 …

祇園饅頭
商品のご案内
祇園饅頭さんのおまん二種を定番販売開始しました

商いとは夫婦関係と似たところがございまして、最初は相思相愛で取引を開始するのでありますが、売主は値上 …