節分のご奉仕で人に笑顔になって頂くと自分も清々しい気持ちになれるという事を実感しました

ヤングエクゼクティブな皆さんと記念撮影
新!八代目日記

三年ぶりに八坂神社の節分行事がコロナ前と同様に斎行されました
2月2日の節分前日、三年ぶりにくじ引きのお手伝いをしてきました

八坂神社では節分豆の授与が行われ、豆一袋300円に一枚くじ引き券が付いてます
この券を持って来て頂いて参拝客にくじを引いて貰うのが私のお仕事です

節分行事で賑わう八坂神社

2日は八坂神社舞殿で雅楽の奉納や宮川町の芸舞妓さんのをどりの奉納がありました。
奉納が終わると年男年女さんも入られて豆まきが始まります
今年は三年ぶりの平日という事もあり、週末が多かったコロナ前に比べると人出は少なめでしたが、それでもこれだけの人が来られます

八坂神社の節分くじ引き

奉納と豆まきが行われてる間はくじ引きに来る人が少ないのでのんびりできるのですが、豆まきが終わったらいっぺんに人が来られますので大忙しになります。

くじを引かれる時に
「ええのが当たりますように」
と一声かけてあげると皆さん素晴らしい笑顔で応えてくれはります

たくさんお人の素晴らしい笑顔を見せて頂いて、3年ぶりのご奉仕も清々しい気持ちで終わる事ができました。

実際八坂神社の節分のくじ引きはハズレが無いので大変よろこばれるんですよ
カップヌードルとかサランラップとかが絶対当たるので損した気持ちにならないんですよねえ
車や旅行券10万円分とか高額商品を掲げてる神社もありますが、お宮にお詣りして欲と二人連れで抽選してハズレてって、そんな事をしていたら心が汚れますよ

3日の日はひたすらイワシを焼いて配達の手配してたら1日が終わりました

2月4日の夜はこちらも三年ぶりに開催された祇園ひょっとこ踊りのお供について歩きました

祇園のひょっとこ踊り

実はコロナ前に一度ひょっとこの会を脱会してるんですよね
でも今年会長にお誘い頂いて、誘われるうちが華やなぁと思い、黒紋付に狐面というミョウチクリンな格好で列の最後尾を歩いてきました。

こんな風に祇園町の高級料亭店やお茶屋さんで豪遊するヤングエクゼクティブな皆さんも、ひょっとこの囃子につられてお店から出てきて、満面の笑みで写真を撮らせて下さいと集まって来はります。

私は食品販売業で、お客様に買って頂いた商品を「美味しかった」と喜んで頂ける事が商売上の何よりの喜びであるのですが、こういう商売とは離れた無償の部分で阿呆な事をしながらも多くの人に喜んで頂けるというのは、商売とはまた違って大変うれしい事だなぁと思いました
ヤングエグゼクティブの方々はだれ一人ご祝儀をくれませんでしたので余計にそう感じました😅

後日、八坂神社から節分のご奉仕のお礼状を頂戴しました
お礼を言いたいのは私の方です
お宮に行くと心が清々しくなるのです
これからも人様に喜んで頂けるように頑張ろう、そう思ったら

さすが人生の先輩、オカンの方が一枚上手でした

めやみ地蔵(仲源寺)さんで節分の時に授与されるだるまさんなんですが、うちの分だけじゃなくて、町内の分まで買い求めてはりました。
うちの町内はお商売屋さんばかりなので、商売繁盛を祈念してはりました

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

直垂姿の八代目
京都地元民観光
観亀稲荷さんの春季例祭で雅楽のご奉仕をさせて頂きました

祇園東お茶屋組合や祇園東の方が大事にお守りされている観亀稲荷さんの春の例祭に宮本組雅楽班で雅楽のご奉 …

家庭画報6月号
新!八代目日記
家庭画報6月号と京都らしさ祇園らしさ

家庭画報6月号に鍵善良房さんの今西社長おすすめの品、という企画で藤村屋のちりめん山椒をご紹介頂きまし …

諌山画伯の青海波
新!八代目日記
お別れの青海波饅頭

18年間、宮本組雅楽班の講師を務めて頂いた先生がご退任される事になり、送別会を開催しました雅楽班の班 …