二十日えびすにあんぺいのおつゆ

新!八代目日記

十月月二十日は二十日えびすでございまして、京都でしたら大和大路松原上がるの京都ゑびす神社を始め、末社摂社でえびすさんをお祭りされてる神社で祭典が行われます

1月の十日えびすに比べてあまりメジャーでは無いんですが、我々商売人にとっては商売繁盛の大事な神さんですので、いずれかの神社へお詣りに参ります

二十日えびす、昔は多くの商家であんぺいとねぎのおつゆをいただきました。

二十日えびすの椀物の素材
二十日えびすの椀物の素材

材料は関西で言う魚の練り物を油であげた天ぷらと九条ねぎ、お出汁はうちは煮干しで出しますが、これはお家によって昆布出汁だったりもするようです

あんぺいが小判、九条ねぎは斜め薄切りにして笹に見立てるんですな

実は恥ずかしながら二十日えびすを忘れてて、いつも買ってるはま一さんのあんぺいを買い忘れてしまいまして、今年はご近所祇園にあるいづ萬さんで買い求めてきました

普段定番で作っておられないのか、いきなり行ったせいか、あんぺいが無くて夕方までに作って取り置きしてくれはるとの事、ありがたいことです

夕方取りに行って頂いたのがこれ

いづ萬さんのあんぺい

真っ白でむっくりして美味しいそうです、もしかしたらハモが多めに入ってるのかもしれません

この日は消防団の無火災推進日なので夕食前の虫養いに頂いてから出動しました
商売繁盛のご利益があれば良いのですが

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アマビエと除菌ブロッカー
新!八代目日記
コロナ予防に嬉しいプレゼント

例によって人通りの全く無い祇園でいつも通りの時間に店を開けておるわけですが、おかげさまでネット通販の …

いづ重のおにぎり
新!八代目日記
ふぞろいのオニギリたち

祇園町にも当然、というかここ数年はどんどん観光地化していた祇園町なのでコロナの影響は大変ひどいものが …

だるま琉金
新!八代目日記
だるま琉金

春は金魚の産卵の季節この時期は生まれたての青仔と呼ばれる金魚の稚魚がヤフオクなんかにたくさん出品され …