特別展「逝きし世の祇園祭の神々」へ

源鳳院
新!八代目日記

八坂神社での新嘗祭がコロナの影響の短縮で早く終わったので、特別展「逝きし世の祇園祭の神々」へ行ってきました。

会場は岡崎にある源鳳院、公家の山科家ゆかりの邸宅です。

明治の御一新の廃仏毀釈まで、長らく日本は神仏習合でありました
八坂神社は明治までは祇園感神院というお寺であって、現在の御祭神スサノオノミコトは牛頭天王という仏様だったようです


個人的に一番気になったのが、法華経のお軸
真ん中上に「南無妙法蓮華経」のお経があり、その周りに天照大御神や牛頭大王、全国の御祭神が、まるで曼荼羅絵図のように描かれていました。
明治の神仏分離までは法華経を神々が護っておられとされていたようで、今の宗教観から見るとびっくりするようなお軸でした。

※後日ググってみると法華神道と呼ばれる信仰だそうです

祇園牛頭天王護符


牛頭天王の像の前に護符があり、お一人様一枚で頂けましたので頂戴し、藤村屋の事務所に貼らせていただきました。

今回展示されていたものの一部は祇園信仰研究会のHPで拝見することができます



コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

鍵善良房のひちぎり
新!八代目日記
ひなまつりのひちぎりもお店によって違うのだった

ひな祭りという事で、いつもは祇園饅頭さんのひちりぎを買うのですが、隣に用事があったので鍵善良房さんの …

新!八代目日記
洛陽三十三箇所観音霊場めぐりの清水寺と泉涌寺周辺以外の東山区の寺をお参りする

朝一番に京都第一日赤病院で健康診断を受け、お店をお休みにしたものですから、その足で洛陽三十三箇所観音 …

コロナ禍の祇園
新!八代目日記
Sortez!

二月に入りましてコロナの緊急事態宣言も延長されまして、京都祇園の現在の状況はと申しますと 平日は四条 …