琵琶湖の春の風物詩、スジエビを食し飼育する

琵琶湖産スジエビ
新!八代目日記

毎年2月後半から3月ごろになると、滋賀県から琵琶湖産のスジエビが京都中央卸売市場に入荷します。

今の様に流通が発達してなかった時代、海から離れた盆地の京都では、琵琶湖のめぐみが大事な食材であり、食文化に大きな影響を与えてきたんです。

川エビ(スジエビ)もその一つで、飴炊きにしたりエビ豆にしたりかき揚げにしたりと春の味覚を楽しんでます。

スジエビの甘煮 砂糖5、醤油、みりん、酒を各3で汁気が無くなるまで煮詰めます

藤村屋でもたまに仕入れて販売するんですが、獲れたてでまだ透明感のあるエビが入荷します。
それを小売用に小分けしてると、必ず手に衝撃を感じます。 何匹かは生きていて跳ねるんですわ。

まだ生きてるもんをそのままパック詰めにするのは、なんとのう忍びなくて藤村屋で湧いてる井戸水に入れてやるんです。
最初は横たわってるんですが、そのうち元気を取り戻して体制を立て直し元気に泳ぎだします。

今回は5.6匹と思いの外多く復活したので、どうしようか、鴨川に放流しよか(藤村屋からは徒歩3分で鴨川です)と悩んだんですが、いつもハス鉢でボウフラ退治に勤しんでくれてるメダカの冬季避難用水槽に入れる事にしました。


ただスジエビはヤマトヌマエビなどに比べて肉食性が強いので、あまり長居はさせておけないようで
もう一個水槽を増やしますかね

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新!八代目日記
コロナ禍で人が少ないだろうと思い秋の永観堂に拝観してきましたが

観光の名所や有名寺院が多い京都ですが、京都住みの京都人って案外そういった観光時には行ってない人が多い …

昭和50年代の伊勢屋さん
新!八代目日記
昭和50年代の八坂通り

先日NHKで放送された新日本紀行の再放送回が、昭和50年頃の八坂の塔周辺の会だったので見ていたら、藤 …

美山の渋柿をつるし柿に
新!八代目日記
京都府は美山でかった渋柿をつるし柿にしました

8つほど入って280円、ちょっと小粒ですが激安です ピーラーで皮を剥いて、熱湯にさっとくぐらせ殺菌し …