令和三年七月十七日 御神霊渡御祭

去年に引き続きコロナ禍の祇園祭は、本来なら神幸祭が賑々しく執り行われる所、御神霊渡御祭と名前を変え規模を縮小して執り行われました。

三基の神輿は八坂神社の舞殿に上げられたましたが、神輿は渡御される事無く、八坂の大神さまは白馬の上に神籬(ひもろぎ)に憑られ四条寺町の御旅所まで向かわれました。

私の所属する宮本組でも通常は100人を超える大行列を編成しますが、御神宝の数を減らしご奉仕人数を減らし45名程度でご奉仕しました

私は今年も裏方の仕事がメインでした。
去年に引き続きハレの舞台にあまり立てない役回りでした。
組員を着替えさせて着替え場所の戸締りをして一人ふと空を見上げたら、半月にかかった雲が夕日に照らされて綺麗でした

お天道様だけでは無く、お月さまも頑張ってご奉仕した事をちゃんと見てくれてはるんやなぁ、となんとなく思いました。

17日の夜は役員の皆さまと一緒にご飯を食べ、この日の祭を振り返りお酒を頂き楽しいひと時を過ごすのですが、前日にコロナワクチンの二回目接種をしており、用心のため自宅に帰りました。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

諌山画伯の青海波
新!八代目日記
お別れの青海波饅頭

18年間、宮本組雅楽班の講師を務めて頂いた先生がご退任される事になり、送別会を開催しました雅楽班の班 …

生野八坂神社の御朱印
新!八代目日記
大阪生野の八坂神社にお詣りして参道の生野本通商店街を楽しんできました

大阪環状線、天王寺駅の一つ手前、寺田駅までやってきました ここへ何しに来たかというと、素戔嗚尊をお祀 …

SWシネマコンサートのチラシ
新!八代目日記
始めてのシネマコンサート

シネマコンサートってご存知ですか?映画の中で使われてる曲、いわゆる映画曲を演奏するコンサートはわりと …