昭和50年代の八坂通り

昭和50年代の伊勢屋さん
新!八代目日記

先日NHKで放送された新日本紀行の再放送回が、昭和50年頃の八坂の塔周辺の会だったので見ていたら、藤村屋でも取引させて頂いてるお漬物やさんの伊勢屋さんが映ってました。

伊勢屋さんのおばあさん

伊勢屋のご主人に「お母さん?」って聞いたらおばあちゃんだそうで

八坂の塔の前の八坂通りを買い物かごを下げて歩く人がたくさん往来してて、豆腐やさんとか電気屋さんとか地元密着型の店がたくさん映ってました。

今の様に観光地化されてない昭和の京都の懐かしい風景でした

三角伊勢屋のお漬物はこちら

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新!八代目日記
いろいろ考えさせられたアニソンBIG3コンサート

アニソンBIG3と呼ばれる方々をご存知でしょうか?昭和40年生まれの私にとっては、アニメや特撮といえ …

新!八代目日記
シン・ウルトラマン観てきました

リアルタイムで観ていた先輩に教えて貰った動画で理解(?)が深まりました 特撮で育ったおじさん達に庵野 …

新!八代目日記
海のねきの醤油はきっと魚に合うはず

治部煮が食べたくなって能登料理の店に入ったら置いてあった「Fのさかな」という地域情報誌魚屋(いちおう …