二郎系と言われるラーメンを食べてきました

地球規模で考えろ
新!八代目日記

知人に誘われて、いわゆる二郎系と言われるラーメンを男三人連れだって食べに行ってきました。
誘ってくれたのは、某お茶屋のご当主、京都市の市会議員と私の三人というなんだかよくわからない組み合わせで行ってまいりました。
三人の中では私が最年長です。


某お茶屋のご当主は、いろんなラーメンを食べ歩き、終いには自分でラーメンの麺からスープ、焼き豚まで作って年越しそばにするぐらいのラーメン党の方です。
ラーメンの製麺機もお持ちです😅

某お茶屋のご当主は、未だに私はスタバでちゃんと注文出来ないのをご存知なのか、注文時に言う呪文をちゃんとテキスト化して持ってきてくれはりました。
なんと行き届いた人だろう。

ネットで二郎系と言われるラーメンの画像をいくつか見てきましたが、正直豚の餌ですか?と問いたくなるぐらいぜんぜん美味しそうに見えないし、量もすごいと聞いてたので、ビビって麺少なめの食券を買い求め、出来上がり直前に教えてもらって決めた

ニンニクスクナメ
アブラマシマシ

の呪文を唱えて、出てきたのがこれです。

地球規模で考えろのラーメン

二郎系といえば、なんだかよくわからないものが山盛りになってるトコに、スライスチーズが張り付いてるような画像ばかりを見るのでビビってましたけど、少なめを注文するとちゃんとラーメンらしい風体で出てくるんですね。
さすがに焼き豚の分厚さにはびっくりしましたが。

なんか席の半分ごとに入れ替えがあって、作業効率を上げて、お客様の回転率を上げているとかどうとか聞いてたので、他の方に遅れないように黙々と食べました。

見た目はエグいですが、なかなか美味しかったです。
これなら麺の量は普通で、もやしもマシマシで良かったかも。

と、思ってたんですが良かったのはここまで
帰りの電車でなんだか苦しくなってきて、帰宅後にしんどくて二時間ほど寝こんでしました。

お客さんも若い人ばかりでしたし、私のような太った中年にはとても危険なラーメンだという事がわかりました。

でもまた体調の良い時に再トライしてみたいです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

直垂姿の八代目
京都地元民観光
観亀稲荷さんの春季例祭で雅楽のご奉仕をさせて頂きました

祇園東お茶屋組合や祇園東の方が大事にお守りされている観亀稲荷さんの春の例祭に宮本組雅楽班で雅楽のご奉 …

家庭画報6月号
新!八代目日記
家庭画報6月号と京都らしさ祇園らしさ

家庭画報6月号に鍵善良房さんの今西社長おすすめの品、という企画で藤村屋のちりめん山椒をご紹介頂きまし …

諌山画伯の青海波
新!八代目日記
お別れの青海波饅頭

18年間、宮本組雅楽班の講師を務めて頂いた先生がご退任される事になり、送別会を開催しました雅楽班の班 …