カマスとアリゲーターガー

新!八代目日記

先日テレビを見ていたら「池の水ぜんぶ抜く」って番組をやってました
池の水を抜いてその池に住んでる水生生物を水あげしその中から外来種を判別して駆除するって番組のようでした
番組の目玉というか最大の採取目標がアリゲーターガーでした。
アリゲーターガーは成長すると2メートルにも達し、北米が原産地ゆえ日本で越冬出来るんです
中学生の頃、スポッテッドガーというアリゲーターガーの近縁種を飼ってました。
アリゲーターガーほど巨大にならず、120cmの水槽を用意すれば余裕で飼育出来る魚です。
そんな事もあり、巨大生物とか獰猛危険と煽り立てられてるアリゲーターガーがなんだか不憫に感じました。
アリゲーターガーが悪いのでは無く、一般人ではとても飼いきれない魚をお客に詳しく説明もせず売ってる熱帯魚屋や飼いきれなくなって放流した元飼い主が悪いんです
政府は2018年からアリゲーターガーを特定外来生物に指定し国の許可を得ずに輸入や販売、飼育ができなくなるそうですが、僕が中学生の頃から売ってるのに対応が遅すぎですね
番組ではゴミの様にバケツに放り込まれて死んでるブラックバスが何度も映り哀しい気持ちになりました。
レジャーフィッシング目的で放流したり、釣ってもリリースしてる人間が一番悪いのに
観賞魚は最後まで愛でる、釣った魚は食べて己の血肉にする、当たり前の事です
と、今日仕入れたカマスを開きながら考えておりました
カマスは鮮度が良かったので一塩して刺身にして食べました
甘味があって最高でした
IMG_5944.JPG

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

武田尾記念日
新!八代目日記
水上勉の櫻守を読んで気になってた旧福知山線廃線跡へハイキングに行ってきました(その2)

その1からつづく この画像を見て頂くと渓谷側に柵がありますが、ハイキングコースとして整備される前は一 …

桜の園への入口看板
新!八代目日記
水上勉の櫻守を読んで気になってた旧福知山線廃線跡へハイキングに行ってきました

もう10年前になりましょうか、祇園のしだれ桜の桜守、佐野藤右衛門さんがモデルになって出てくる水上勉の …

令和の記念品
新!八代目日記
令和が始まりまして八坂神社で御奉仕

令和が始まる2019年5月1日、お店は休みにしたものの御代替わりのこの日に何をしようかな?と四月初旬 …