南座顔見世、今年は看板だけ

新!八代目日記

平成29年の年末恒例顔見世は今年もまだ南座改装中にて、岡崎の某企業名を関した劇場での上演となりました。

去年はまだ南座にまねきが上がってましたが、工事が佳境に入ったのは今年はまねきは某企業名を関したホールにあがり、南座は看板になってしまいました

いや実際南座が閉まってるとええお客様が来てくれはらへんのですよ
お茶屋のお母さんも「劇場が遠いから今年は帰るわって言うてお客さんがお座敷あがってくれはらへん」とぼやいてはります

顔見世興行時のお茶屋さんといえば、旦那さんに顔見世に連れてってもろて、ご飯食べ連れてってもろて、お座敷で遊んでもらうのがワンセットやそうなんですが、今年は顔見世の会場が離れてるのでうまいこと言うてお客様に逃げられるそうです

平成30年の顔見世が南座のこけら落としになるそうなので、それまで近所の商売人はじっと我慢をするのでありました。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新!八代目日記
ゴンドウクジラのコロでハリハリを食してみたけど

京都中央卸売市場に干したゴンドウクジラのコロが売ってたので買い求めて、藤村屋お母んにクジラのハリハリ …

新!八代目日記
京都五社めぐり、ようやく全部回れました

こんな長い期間、この企画を継続して頂いて、ただただ感謝です 最初に行ったのは松尾大社、たぶん10年ぐ …

新!八代目日記
ひさご寿司さんの期間限定 長寿巻

お墓参りへ本能寺へ行くには、いつもは人通りの少ない大和大路を北上し三条大橋を渡って行くんですが、店の …