サンマのような雲

新!八代目日記

藤村屋のお客様はお年寄りが多くまた旅行などでたくさん歩いて疲れてご来店になるお客様もおられますので、店先にお客様がちょっと座って貰える椅子を改装した時にしつらえました。
それがいつの間にやら、うちの年寄りの定位置になってしまいました。

亡父が存命の時は父と母が並んでいつも座ってる事から、近所の方より「ひなびたお雛様」「縄手(通り)の門番」などと呼ばれておりました。
父親が2017年10月に亡くなってからは母親一人で座って山椒の枝取りしたりしているのですが、話相手がいいひんようになってしまったので仕事でバタバタしてる私や嫁によう話しかけてきはります。

連れ合い亡くして寂しかろうとせぇざい喋ってあげようには思ってるんですが、忙しい午前中などは「あ〜そうか」「ハイハイ」とか適当に相槌をうってやり過ごす事が多いのです。

今朝もバタバタしてる時に「ちょっと、ちょっと、空見てみ、あんな形の雲初めてみたわ」というので「またしょうもない事言うてるわ、メンドクさ」と思いやり過ごそうと思ったら「あ〜なんやサンマみたいやなぁ 秋にぴったりの雲や ちょっと写真撮っといて」なんて言うもんですから、魚屋の端くれとして気になって見てみると、確かにサンマのような雲でした。

だからどうしたと問われると、どうでもない、ヤマ無しオチ無し意味無しな文章なんですが、空を見ながら今年は豊漁でよく肥えてるサンマの塩焼きを今晩食べたいなぁと思いました

さんま苦いかしょっぱいか

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アマビエと除菌ブロッカー
新!八代目日記
コロナ予防に嬉しいプレゼント

例によって人通りの全く無い祇園でいつも通りの時間に店を開けておるわけですが、おかげさまでネット通販の …

いづ重のおにぎり
新!八代目日記
ふぞろいのオニギリたち

祇園町にも当然、というかここ数年はどんどん観光地化していた祇園町なのでコロナの影響は大変ひどいものが …

だるま琉金
新!八代目日記
だるま琉金

春は金魚の産卵の季節この時期は生まれたての青仔と呼ばれる金魚の稚魚がヤフオクなんかにたくさん出品され …