祇園会という落語

え〜 本日は七月十四日、京都の町は祇園祭一色になっておりましてな

こんな時期にふと思い出して聞く落語がございます

古くは祇園会、最近は祇園祭、京見物なんて呼ばれた時もあったようで

あらすじをざっと言いますと

伊勢参りの流れで京都の叔父の家に寄った江戸の男
一緒に祇園祭を見に行こうと誘われるんですが、当日叔父は都合が悪くなり、初対面の叔父の友人と出かけるんですな

この叔父の友人という人が曲者で、伏見の酒なんぞを江戸っ子に振舞うのはええんですが、いちいち自慢をするわけです
いわゆるお国自慢ですな

「京都の酒は日本一や、なんというても京都は王城の地どすさかいな、あ〜っ、あっあっあっあっ(笑)」
って具合に

最初はおとなしいに感心しながら聞いてた江戸っ子なんですが、負けじと江戸のお国自慢で応酬する
それを京都のおっさんに「東夷の田舎もん」とケナされる

最後はお互いケナしながらオチに続くんですが

youtubeでググると名人と言われた噺家の音声がいくつか見つかります

が、僕の一押しは江戸っ子の粋のよさと京都人のいやらしい感じの演じ分けがとてもお上手な現役の噺家、橘家 圓太郎師匠の祇園会

とにかく爆笑なんです
祇園祭のこの時期に聞くと最高です

ネットで探しましたが無料で聞けるものはありませんでした
でもこちらのサイトで購入する事が出来ます。

有料ですが絶対値打ちがあるとても面白い噺です。お試しあれ
http://www.radiodays.jp/item/show/300110

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

新!八代目日記
蓮が綺麗に咲きました

一つ目の花は完全に見頃を見落として気づいたら散ってしまってましたが、2つ目の花はばっちり楽しむ事が出 …

蓮の葉
新!八代目日記
ハスの花が咲いたんですが

蓮を育てている友人知人がSNSでハスが咲いたと報告してくれる中、うちの蓮は葉はよう茂ってるものの、花 …

鍵善良房の薯蕷饅頭
新!八代目日記
神輿洗いと鍵善良房さんの薯蕷饅頭

昔は祇園祭時期になると、宮本組のほとんどすべて行事をブログにアップしたりしてたのですが、祭事中に写真 …