「祇園の祇園祭」という本

祇園の祇園祭
新!八代目日記

僕は宮本組という八坂神社のご奉仕団体にいて、祇園祭にご奉仕したり摂社末社の祭礼に参列したりしてるのですが、その宮本組の常任幹事に澤木君という新聞社に務める記者がおります

祇園東の元芸妓さんを母に持ち中学生の頃から宮本組でご奉仕しているホンマ物の祇園のおっさん、、、、(江戸っ子的な形容詞が無いか考えたが思い浮かばず)、、なのですが、その澤木君が本を書きました

祇園祭と聞くと、ほとんどの方は豪華絢爛な山鉾巡行を思い浮かべますが、祇園祭の本質は疫病退散をもって国家安寧を祈念する祀りでありまして、山鉾巡行が露払いをした後、17日と24日の夕刻より始まる神輿渡御、神幸祭と還幸祭がもっとも重要な祭事なんです

我々宮本組はその祭事にご奉仕されて頂いてるのですが、澤木君の「祇園の祇園祭」は、京都人でさえほとんど知らない一ヶ月に渡る祇園祭の祭事、またそのための準備作業について事細かに解説し、また祇園祭の歴史はもちろん、今はもう鬼籍に入られた宮本組の先輩方、祇園の名物おやじと申しましょうか、そんな方々の逸話まで詳細された、なかなかマニアックというか、正直この本を読んだ方がそれを知ってどうすんねんって僕は思うのですが(笑)、京都や祇園を愛してやまない方にはぜひともお読み頂きたい一冊に仕上がってます

たくさん売れると「印税でご馳走して〜」と澤木君に言いやすいので、ぜひともよろしゅうお頼の申します。

アマゾンで買われる方はこちらから
祇園の祇園祭

その他のオンライン書店で買われる方は平凡社から各社へのリンクが貼られております
平凡社 祇園の祇園祭紹介ページ

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

京都府八木町のお米
新!八代目日記
大嘗祭で天皇陛下が召し上がられるのと同じお米を食べたい

勤労感謝の日はもともとは新嘗祭が行われる日で五穀豊穣と国家と国民の安寧を天皇陛下が祈られる日で、新嘗 …

八坂神社西楼門で秋の火災予防運動の広報活動をする舞妓さん
新!八代目日記
八坂神社での消火訓練に参加しました

秋から冬にかけて空気が大変乾燥します。大きな火災が起こりやすいこの季節、秋の火災予防運動の一環で八坂 …

ユーザーレビューに偽りなし
新!八代目日記
レビューの信頼性について考える

参加してるオンラインショップのコミュニティに「【早期レビュー取得プログラム】」というスレッドが立ちま …